▲お菓子な国のアリス
world of alice
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖者のパレード
聖者のパレード



作詞:将 作曲:アリス九號.

The saint threw tears.
However,she was laughed.
There must be all nothing
I wished forever.

気が付けば僕らは 独りで灰色の空に
祈りを捧げていたね 儚い夢の続きを願って

只、繰り返すカレンダー 枯れた草に眠りを

光よ 母よ 僕らは手段を無くし
涙した聖者のように 行き場を探して

この果てない青空に 僕は探していた 君のこと
夢のような時間だね 君と過ごして居た日々は

…こぼれた涙はきっと僕が拭うから。

加速し、流れて、僕らは何を見つけ
何処に行くの?流れてくの? 行き場を探して

この掌の中に 僕は見つけだした 君のこと
歩き出した少年は 少し恥ずかしそうに笑った

…こぼれた雫はやがて海へと還って

また笑える日が来ると 君と信じていた 日々へ
百合は蒼く咲いて
百合は蒼く咲いて


作詞:将 作曲:アリス九號.

枯れてゆく花は 白い部屋で一人
沈みゆく君を見つめてた

いつも会うと君は 寂しそうに笑って
細くなった指を絡ませた

「凍えていた季節も 凍えそうな夜も
暖かさをくれた瞳でした。」

どんな言葉さえも 僕は思い付けずに
さよならも言えず見送った

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、やがて呼吸を止めた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
夏になれば 百合の花が 君を綺麗に飾る
同じリズムで 君と 歩いてゆくよ。ずっと。ずっと。

生まれ変わる 話なんて まるで 信じないけど
いつか会える そんな気して いたから いつか

遥か、昔から君を知ってたみたいに、
とても、とても君が温かかった。

二人と居た 百合の花は、君と眠ってくれた
君の傍には いつも 同じ花が咲いて
一緒に居たいよ どんな場所でも 何も怖くは無くて
同じリズムで 君と 眠りたいよ。ずっと。ずっと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。